シボヘールの副作用と危険性、服用を避けた方がいい人とは?

機能性表示食品「シボヘール」は、脂肪を燃焼しやすくし体脂肪を減らすことをうたっているダイエットサプリメントです。含まれる有効成分は「葛の花由来イソフラボン」で、臨床試験による科学的根拠に基づき国の認可を受けているアイテムです。それだけに効果が期待できるサプリですが、副作用が気になるところですよね。シボヘールに、副作用のリスクはないのでしょうか?

 

980円のお試しコース詳細ページはこちら

 

シボヘールの成分と安全性

 

シボヘールは、タブレットタイプのサプリメントですが、お薬ではありません。政府の消費者庁届出番号をいただいた、機能性表示食品です。脂肪酸の分解をサポートし体脂肪を燃焼しやすくしてくれるので、お腹周りなどの脂肪が気になる人におすすめなダイエットサプリです。

 

シボヘールの成分のうちメインとなっているのは、「葛の花イソフラボン」という植物由来の成分です。この成分については、効果の科学的根拠だけでなく、その安全性や健康への影響などにおいても消費者庁に認められているサプリであり、安心して服用できるものです。

 

葛の花イソフラボン以外には、還元パラチノース、セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素といったものが使われていますが、安全性が高いものばかりであり、副作用などの報告はありません。

 

妊娠中や授乳中の人にはおすすめできない

 

ただし、シボヘールの服用がおすすめできない人もいます。それは、授乳中や妊娠中の女性です。

 

シボヘールは安全性が認められた食品であり、健康リスクのある成分が入っているものではありません。しかし、授乳中や妊娠中の人が飲むためにデザインされたサプリメントではありません。

 

授乳中や妊娠中に飲んだ場合の安全性については、はっきりと確認されてはいません。また、本来授乳中や妊娠中の女性は、過度な食事制限は避けバランスの良い食生活を心がけることが大切です。ですので、授乳中や妊娠中の人は飲むのを控えるようにしましょう。

 

持病を持っている人や他の薬を常用している人も注意

 

このようにシボヘールは、基本的に妊娠中や授乳中でなければ、副作用の心配なく利用できるアイテムです。特に運動が苦手という人には、ダイエットの頼もしい味方になってくれるでしょう。

 

ただし、妊娠・授乳中以外の人でも、持病を持っていたり何らかの薬を服用している場合には、注意が必要です。どうしてもシボヘールを試してみたいという場合には、信頼できるお医者様に相談してから飲み始めるようにしましょう。

初回限定980円のお試しコースでまずは3ヶ月試して見てください!


販売ページはこちら